代表ご挨拶
ダイマサ真珠の歴史
会社概要

真珠養殖の歴史


ダイマサ真珠の歴史

御木本幸吉。アコヤ貝による半円真珠の養殖に成功 。

明治26年 (1893)
  御木本幸吉翁  

西川藤吉。外套膜に核を挿入して真円真珠を作り出すという理論と方法を発見。

明治40年(1907年)

愛媛県においては小西左金吾が西川藤吉の弟子、藤田昌世を招いて平城湾で養殖研究に取り組んだのが初めとされている。

明治40年(1907年) 

藤田昌世。核を真珠貝軟体部に挿入する方法で真円真珠の産出に成功。この方法が基礎となり真珠養殖は産業化への道を歩み始める。

大正4年(1915年) 
昭和5年 (1930) 初代、太田政衛、御木本入社 

明治以降、真珠養殖は三重県の英虞湾を中心に発達。最盛期には290の経営体が存在し生産量は4000kgに及んだ(生産量の90%は英虞湾産) しかし、第二次世界大戦により空白の時代を迎え、業者のほとんどは転業・廃業に追い込まれた。

昭和13年 (1938)
昭和14年 (1939)  初代政衛、御木本技術部長となり、御木本幸吉に目をかけられる。 
越賀の海

戦後の動乱期が落ち着くと生産も再開。漁業制度改革により新漁場の開発が進み、海外市況の好況で真珠の輸出量も増大。真珠養殖の経営体数・生産ともに急速な伸びを見せるようになる。

昭和25年 (1950)
昭和28年 (1953) 初代政衛、伊勢志摩で真珠養殖を始める 。

真珠養殖が急速に発展した結果、英虞湾では過密養殖などの原因で斃死率が急増。
これを受けて三重県では条例を設け養殖筏の数を規制した。

昭和32年 (1957)

生産量が低下する中、養殖業者は愛媛や長崎、熊本へと新漁場開拓をはじめる。愛媛にも多数の養殖業者が流入し、生産技術の向上と共に、生産量も飛躍的に伸びた。

昭和36年 (1961)
昭和37年 (1962)
よりよい漁場を求めて宇和島へ作業場を移転。これを機に現代表:政司が仕事の中心になる。
昭和49年 (1974)

真珠養殖業から、原珠真珠の買付に業務転換。生産者と技術交流を盛んに行う事で関係を密にし、漁場特性を研究して良質真珠の生産できる地区からの仕入れが可能になった。

愛媛の真珠生産は順調に伸び、ついに三重県を抜き生産量全国一となる。

昭和62年 (1987)

平成2年 (1990) 有限会社ダイマサ真珠を発足。
原珠真珠の仕入れ業務の他に真珠製品の製造販売を本格化。

平成4年 (1992) 宇和島市真珠小売業組合足。
宇和島の真珠を全国にアピールし認識してもらうために市内の小売業有志と結成。同組合監事就任。
平成6年 (1994) 宇和島市観光協会
宇和島市物産協会加盟
平成11年 (1998)

JR宇和島駅前に店舗オープン
現在に至る。

  Copyright(C)2004 Daimasa,Inc. All Rights Reserved.