真珠の選び方
真珠のお手入れ
真珠のできるまで
   
よもやま話
いい真珠とは(真珠の選び方)

きちんと手入れがされていれば一生使える真珠。
購入時は慎重に選びたいものです。
ここでは真珠の上手な選び方のハナシをいたします。

 

巻き

「巻き」とは真珠層の厚みのこと。これこそが真珠の全てです。アコヤ貝に挿入した核にウロコ状の真珠層が幾重にも重なって美しい真珠ができあがります。つまり、この「巻き」が厚ければ厚いほど、真珠の深みを持ったあの光沢が増すのです。真珠の命は「巻き」です。
「巻き」の良し悪しを文章でお伝えするのはむずかしいのですが、巻きの良い真珠は吸い込まれそうな複雑で深い光沢を持っています。一方巻きの良くない真珠は、焼魚の目をラミネーターでパウチしたようなうすっぺらな光沢と申しますか…(たとえが極端ですね)下記の点に留意して下さい。

いい真珠
  ・ 珠への写り込みがはっきりとしている。
  ・直接照明を避け、3〜4歩下がった位置からみて、光沢のよいもの。
よくない真珠
  ・珠の中に核の縦縞模様が見える。(巻きが薄い証しです。問題外)
  ・珠の穴口付近の真珠層が割れている。核が見えている
                   (巻きが薄い証しです。)


もう一度いいます。真珠は巻きが命です。

カタチ
養殖真珠は真円を理想として養殖されますから、真円がもちろん一番高価な訳ですが、オフラウンド、セミラウンドでも巻きテリがよければ実用十分に丸く見えます。
また、変形しているということは、それだけ真珠層が厚い(よく巻いている)証。それこそが自然がつくりあげた由のカタチであり、むしろ低価格で魅力のある真珠ともいえます。
キズ

真珠はあこや貝などの体内で形成される宝石ですから、大抵の真珠にはエクボとよばれるヘコミや、異物の侵入などのせいで均一に真珠層が形成されなかった為に出来る小さな突起が出来ます。これらをキズと呼びます。
当然、キズは少ない方がいいわけですが、真珠層の厚いものほどキズ・変形の確立は高くなり、巻きが薄い真珠はキズが少ない傾向があります。
ペンキの厚塗りを思い浮かべて下さい。薄く一回塗りだと、垂れる事もなく均一に塗れますが、何度も塗り重ねて行くにしたがって、色むらがでたり垂れてしまったりと、綺麗に塗るのは至難の業。それと同じ事が言えます。
無傷にこだわると、とうぜん高価になります。また、キズが少ないだけで真珠の魅力に欠ける真珠が数多く出回っているのも確か…。
逆に、少々キズがあっても「巻き・テリ」がよければ、キズはそれほど目につかないものです。

色目

アコヤ真珠の色は主に、ピンク系とグリーン系に分かれます。そしてそれぞれ白系からダーク系(色の濃いもの)に選別されていきます。同じ巻きであれば白系の方が高価です。しかし、真珠層が薄いが故に、白く見えるものも多く存在します。
また例え話になりますが、1枚のガラスは透明でも、何枚も重ねるとグリーンに見えたりしますよね?何枚重ねても透明なのは透明度の高いガラスって事になります。
良くお客様から「真珠はピンク系が一番高いんですよねー」って聞かれますが、そういうものでもないことをご理解いただければ幸いです。
一般にピンク系は若々しい感じ、グリーン系は大人っぽくシックなイメージはあると思います。
また普通の真珠色のネックはフォーマルになりすぎるって事で、普段のスーツなどにナチュラルブルーのネックを合わせる方も多くなってきました。また、 巻きが良く深い色合いのゴールドなども人気です。色はお好みで選んでいただければ良いかと思います。

 
 
真珠のお手入れ
 
真珠の主成分は炭酸カルシウム。酸・アルカリ・熱などを嫌います。
しかし、正しいお手入れをすれば半永久的にその光沢を保ち続けます。

・肌に直接触れることの多い真珠製品は、使い終わったら柔らかい布で付着した
  汗や化粧品などを拭き取って下さい。
 汗の多い季節はしめらせた布で拭いた後、カラ拭きして下さい。
・新しい家具やタンスの中での保存は避けましょう。接着剤、ナフタリンに要注意。
・直射日光や高温の車の中に長時間放置しないようにしましょう。
・オーデコロン香水など乾いた後に身につけるようにして下さい。
・糸替えは3年〜5年に一度。珠の隙間が気になったらお早めにご相談下さい。

  Copyright(C)2004 Daimasa,Inc. All Rights Reserved.